FXと株式投資なら、どっちがいい?【少額資金ならFX1択!】

「FXと株式投資なら、ズバリどっちが儲かるのか?」

「これから投資を始める初心者は、どっちを選んだらよいのか?」

これは多くの初心者の方が抱く疑問かと思われます。

そこで、FXと株式投資の両方で生計を立てている現役トレーダーの管理人が、

この疑問にお答えしていきたいと思います。

元手200万円以下ならFXがオススメ!

ズバリ、このページをご覧になっている方の多くは、

少額資金からトレードを始めて、ゆくゆくは数千万とか億といった

大きな金額を狙いにいきたい方が大半ではないでしょうか?

もしあなたの元手が200万円以下であるならば、

私はまずはFXからトライすることを強く推奨します。

その理由を、これからお話ししていきます。

元手が少ない場合はFX1択!

なぜ、元手が少ない初心者の方はFXが良いのでしょうか?

それには以下のような理由があります。

〇レバレッジが掛けられる

〇株式投資よりFXのほうがシンプル

〇デイトレレベルの時間足の値動きが安定している

〇FXから始めた方が、早く上達できる

1つずつ、順番に見ていきましょう。

FXはレバレッジが掛けられる

まずは何と言っても、”レバレッジが掛けられる”ということです。

ズバリ、この記事をご覧になられている方の多くは、

”早く大金を稼ぎたい”方が大半のはずです。

そうであるならば、必然的に戦略は次の2つになります。

1.なんとかして大きな元手を用意する

2.少ない元手でハイレバレッジトレードをする

この2つです。他に早く大金を稼ぐ方法は存在しません。

1は親がお金持ちだったり、周りの親しい友人知人にお金持ちがいるなど、

特殊な場合を除いてはまず不可能でしょう。

また、稀に消費者金融でお金を借りてまで元手を用意する方もいるようですが、

失敗した時のリスクが大きすぎるので止めましょう。

となると、元手が少ない方は2の、

”少ない元手でハイレバレッジトレードをする”

という選択肢を必然的に選ぶことになります。

ハイレバレッジトレードをするということは、

すなわち資金変動の大きいトレードをするということです。

FXと株式投資、資金変動の大きさは圧倒的にFXの方が上です。

(もちろん、株でどの銘柄を選択するのか等によっても変わってきますが、”値動きが読めトレードに適した銘柄”という前提で比較すると、【出来高の多い日経225採用銘柄+信用取引(株の最大レバレッジ取引)】と【FXで最大レバレッジをかけた取引】を比較した場合は、圧倒的にFXの方が資金変動が大きいです。)

資金変動が大きいということは、マイナスへの変動もそれだけ大きいということになります。

しかし、ある程度資金が大きくなってくると、

資金変動の大きいトレードをすることが心理的に難しくなってきます。

したがって、資金変動の大きいハイレバレッジトレードは、

少額資金ならではの醍醐味であり、武器であるとも言えます。

そしてそれを最大限活かせるのが株ではなくFXなのです。

株式投資よりもFXのほうがシンプル

FXと株式投資、どちらが難しいか?と聞かれれば、

手法も無限大にありますし、向き不向きなどもありますので、

一概に答えることはできません。

しかし、「どちらが覚えることが少なくてシンプルか?」と問われれば、

間違いなくFXであると断言できます。

まず株式投資は、銘柄数が膨大です。

東証一部に上場している企業だけでも、数千という銘柄が存在しています。

あなたがもし、株式投資を始めることになったら、

まずはこの中から普段監視する銘柄を選ぶことになるでしょう。

ところがここで監視する銘柄選びを間違ってしまった場合、

成功までの道のりを大きく遠回りすることになってしまいます。

FXと違い、株式投資の場合は、

テクニカル手法が全く機能しない銘柄というのが、相当数存在しています。

例えば、出来高(取引量)が少ない銘柄だったり、

出来高が比較的多くても、ダマシ上げやダマシ下げが

頻繁に発生している銘柄もあります。

初心者の方が、初めからこういった銘柄を選んでしまい、

それを基軸にしてチャート分析を始めてしまうと大変です。

いくら頑張っても頑張っても規則性が見つけ出せなかったり、

あるいは変な癖、感覚が身についてしまったりするでしょう。

そうなってしまうと、「もう投資はやりたくない」、

「投資は稼げない」と思って諦めてしまうことにもなり兼ねません。

しかし、FXの場合はというと、

通貨ペアの数は東証一部の銘柄数に比べて遥かに少ないです。

ドル円、ポンド円、ユーロ円など、

メジャーな通貨ペアの中からどれか1つ選んで徹底的に究めれば、

変な癖や感覚がついてしまう心配もありませんし、

相場で稼ぎ続けていくために必要なスキル、

変動感覚等もどんどん磨かれていくはずです。

デイトレの値動きが安定している。

FXは何と言っても、市場規模がとてつもなく大きいです。

世界中の大富豪やヘッジファンドなどの機関投資家であったり、

国レベルでの売り買いが行われているため、

数億レベルのトレードでも相場はビクともしません。

ところが株式投資の場合は、出来高(取引量)が少ない銘柄の場合、

100万くらいの売り買いでもチャートが大きく動いてしまうことがあります。

このように、誰かが少し売り買いしただけで

チャートが大きく動いてしまうような銘柄の場合、

どんなプロトレーダーでも値動きを読むのは不可能です。

トヨタやソニー、ソフトバンクといった日本を代表するような、

大企業の銘柄であれば、デイトレレベルの時間足も、

比較的読みやすく安定した動きになる傾向はあります。

しかし、そのような巨大企業の株であっても、

アメリカのヘッジファンドなどが数十億単位で売り買いを行うとなると、

チャートが大きく動いてしまいます。

株式投資でデイトレをするなら、この点は絶対に抑えておかなければなりません。

FXや株式投資に限らず基本的に相場というものは、

出来高(取引量)が多いと、売りと買いがこなれて、

チャートが安定し、読みやすくなる傾向があります。

FXは世界中の人が売り買いしていることもあって、

出来高が膨大で読みやすいと私は感じています。

私は一時期、(1570)日経レバレッジと呼ばれる

東証でトップクラスに出来高のある銘柄のデイトレに没頭していましたが、

日系レバよりも、ドル円の方が明らかに

デイトレレベルでの時間足の値動きが読みやすいと感じています。

私だけでなく、同じことを言っているプロトレーダーの方も多いので、

おそらくそう感じる方は多いかと思われます。

FXから始めた方が、早く上達できる。

売買は基本的に、取引回数が多いほど上達が早いです。

例えば、スイングトレーダーよりもデイトレーダーの方が、

売買経験を多く踏めるため、上達速度は早くなります。

(※スイングとデイトレは違うじゃん?と思われるかもしれませんが、

どちらかで習得した、勝てるようになるまでの一連の要領は、

違う時間足になった時にも応用が利きます。)

FXの場合1日中取引ができるため、

株に比べ短期間で売買経験を多く踏むことができます。

また、口座に入金しなくても、デモトレードなら

本番と全く同じ環境で練習ができます。

株式投資には本番と全く同じ環境でできるデモはありませんので、

これはFXならではの大きな魅力だといえるでしょう。

『株式投資⇒FX』の順に習得するにせよ、

『FX⇒株式投資』の順に習得するにせよ、

まずはFXからトライしたほうが、

総合的な上達速度は確実に早くなるはずです。

(※FXと株では値動きの癖が若干違う点もありますが、

1つの通貨ペア(1銘柄)を究めていくという要領は共通です。)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

少額資金スタートの投資初心者の方にとって、

FXはまさにぴったりな選択肢であるということ

がお分かり頂けたかと思います。

FXのメリットを最大限活かして、

常勝トレーダーへの階段を最速で駆け上がっていきましょう!

管理人愛用のFX口座【XM】

管理人が愛用しているFX口座はXMです。

XMは国内外のプロトレーダー御用達の、人気ナンバー1海外FX業者です。

プロトレーダーを目指すなら必須となる、

世界基準のFX取引ツール『MT4』を標準採用。

最大レバレッジ888倍や、

入金100%ボーナス(例えば1万円入れたら2万円分のトレードができる)等々、

バックボーンがかなり充実しているので数万円、数十万円といった少額資金から

数千万円程度を目指すのに最適です。

口座開設の際は、国内業者のような審査だったりわずらわしい手間が一切なく、

申し込み後、すぐに口座開設が完了し取引を開始できます。

(用意するのは住所確認書類と身分証のコピーだけでOK)

クレジットカードで入金できるのも、

少額資金から始めるトレーダーにとって、非常に嬉しいポイント。

また、口座開設するだけで3,000円分のボーナスがもらえるため、

1円も入金せずにリアルトレードを始めることができます。

もちろん、勝った分はちゃんと引き出し可能です。

XMリアル口座開設方法はこちら

XMデモ口座開設方法はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする